~ 取り扱いと注意点 ~

『各種キャンドルの取り扱いについて』

「キャンドルの取り扱いと注意点」

●就寝中や目の届かないところでの使用はおやめください。また燃えやすい物の近くでは絶対に使用しないでください。
●キャンドルは必ずキャンドルホルダーに入れるか、不燃性のスタンド(受け皿等)を平らな場所に置いてご使用ください。
●芯に火を灯す時は、ロウの表面から5~7mmのところでカットしてからご使用ください。芯が長すぎるとススが出やすく、炎が大きく立ちすぎて危険です。
●炎に高さが出る場合は、再度芯を切ってからご使用ください。 ※必ず火を消してから行う
●キャンドルが少なくなってきた場合は、底から5mm~1cm程度で使用をおやめください。
●長時間灯した場合、中心部分にロウがたまることが原因で炎が消えることがあります。一旦火を消し、たまったロウを捨ててから再度ご使用ください。
●使用後のキャンドルや溶けたロウは台所などへ流さず、紙コップなどに入れるかキッチンペーパーなどに包み込み、固めてから可燃ゴミとしてお捨てください。

「ドライフラワーを使ったキャンドルの取り扱いと注意点」

●外側を残して燃焼するように作成しておりますが、お使いの環境によっては埋め込んだドライフラワーが中心部に流れ出てしまう可能性があります。その場合、火が燃え移ることがあり大変危険ですので、一旦火を消して割り箸などで取り除いてから再度ご使用ください。
◆ロウを使ったキャンドル
●ドライフラワーは紫外線、熱、酸化が原因で退色します。直射日光が当たるところや高温多湿な場所での保存はお控えください。
●燃焼時間は使用場所や環境により差があります。
◆アロマワックスサシェ
●電気や火を使わずに安心してご使用いただけます。
●アロマワックスサシェは熱に弱い為、直射日光が当たるところや、高温多湿な場所を避けてご使用ください。またクローゼットでご使用になる場合は衣服にロウが付着しないようにご注意ください。
●ドライフラワーはもろく外れやすいものです。花びらなどが剥がれ落ちることもありますのでお取り扱いにご注意ください。
●アロマは強くは香らずほのかに香ります。また香りの持続は環境により異なります。
◆ジェルキャンドル
●ジェルキャンドルは耐熱製のガラス容器に入っていますが、ガラス容器が高温になる為、火傷にご注意ください。
●ガラス容器の一部分に炎が当たり続けるとヒビ割れや破損の原因になります。芯が真っ直ぐに立っていることをご確認ください。 ※燃焼時間の目安は1回に2時間以内
●ガラス底部の熱でテーブルや台にゆがみや変色・焦げを起こす場合もありますのでご注意ください。
●燃焼後のガラス容器は大変高温です。急激な温度変化によりガラスが破損する場合がありますのでご注意ください。
●キャンドルが少なくなってきた場合は、底から5mm~1cm程度で使用をおやめください。

「ランタンキャンドルの取り扱いと注意点」

●ランタンキャンドルをご使用いただく際は、付属のLED電球のONとOFFのスイッチを切り替えてご使用ください。
●付属のLED電球は電池切れ後に電池交換が可能なタイプと、使い捨てタイプのものがございます。使い捨てタイプのものは怪我の恐れがございますので、分解や電池交換などせず、お住みの地方自治体の分別方法に従って廃棄願います。
●付属のLED電球の種類によっては、電池に絶縁シートが差し込んであるものがございます。電池に差し込んである絶縁シートを抜き取ってからご使用ください。
●LED電球の破損や寿命の際は、お近くの百円均一ショップやホームセンターなどでもご購入いただけます。
●ランタンキャンドルは他のキャンドルと同様にロウで制作を行なっております。中に入れて使用する灯りは熱を発しないLED電球をご使用ください。ナツメ球などの白熱球は熱を帯びロウが溶け出すことがありますので使用しないでください。
●ランタンキャンドルは他のキャンドルと同様、直射日光を避け冷暗所にて保管してください。高温によりロウが溶け出すことがありますのでご注意ください。

「水に浮かぶキャンドルの取り扱いと注意点」

●こちらの商品は水面に浮かべてお楽しみ頂けるキャンドルとなっております。本体をゆっくりと水面に浮かべ、水滴が
芯やホルダーなどにかからないようご注意ください。
●水に浮かべず点火する際はキャンドルホルダーやステンレスのトレー等に乗せてご使用ください。プラスチック製のホルダーやトレーなどの引火のおそれのある素材に乗せての点火は、プラスチックの変形や火災の原因となりますので絶対におやめください。
●キャンドルの使用後は必ず消火してください。長時間の使用や消し忘れは火災の原因となりますのでご注意ください。